●今年は何を読みますか?2018年01月02日


 片山セミナーを受講して以来、歯科臨床は削る、抜く、かぶせる、詰めるという歯科的介入だけでは満足する結果を得られないということを実感してきました.

 片山先生も口をすっぱくして、歯科だけの勉強だけでは足りない、他方面の読書をしなさいと仰っていました.

 ここ十数年は、中村雄二郎先生の「臨床の知とは何か」と河合隼雄先生の著作群に魅力を感じ、難しいながらもずっと読み進めています.

  
 昨年は臨床の知の対極にある科学の知を知るために、西欧人の考え方、科学の誕生に密接な関係があるルネッサンスを知るために、塩野七生さんの『ルネッサンスとは何であったのか』を読みました.
 しかし、ルネッサンスのことが多少なりとも分かると、どうしてもローマのことを知らなければ、西欧人のものの考え方は理解できないと思うようになり、『ローマ人の物語』に没頭し始めました.

 ローマ人の物語は何巻もあるので、近くのブックオフで108円のものを探していましたが、梅原猛さんの「葬られた王朝-古代出雲の謎をとく」が目に留まって、何となく購入したのですが、これが猛烈に面白くて、古代日本に夢中になってしまいました.

 
 神話と歴史が交差する混沌とした日本の古代史はいかような解釈も成り立ち、歴史的観点もさることながら、日本人の考え方、日本人の心も気になってきます.

 そこで、「神話と日本人の心」や「昔話と日本人の心」など河合先生の著作に戻ってきて新年を迎えたというのが、現状です.

 今年は中村先生と河合先生の本を基盤に、ローマ時代と日本の古代についてもう少し勉強してみようと考えています.
 それはおそらく臨床の知や深層心理学に関する理解を深めてくれるのではないかと思います.
 それ以前に、それらの書籍は読んでいてワクワクする面白さがあるのが魅力です.
関連項目:



http://www.asahi-net.or.jp/~pi5a-kns/