●”歯を担当する医者“(2)=片山式歯周病治療は難しい=2018年01月12日

 片山セミナーを受講してから、”歯を治療する医者”ではなく“歯を担当する医者”を目指そうと心に決めました.

 片山先生が仰っていた”歯を担当する医者”というのは、歯周病治療の一環として、一口50回噛みにはじまる食生活改善を行うことにより、歯科疾患だけではなく全身の健康に寄与する歯科医のことです.

 ”歯を担当する医者”になるには、患者さんに歯周病治療としての生活改善を提案し、患者さん自らがその必要性を認識し、生活改善を行なう必要があります.
 しかし、それをを達成するのは並大抵のことではありませんでした.
 
 患者さんは、歯周病が生活習慣病であるということはある程度分かっていても、一口50回噛みを歯周病の治療として受け入れてくれる人はいませんでした.
 ”一口50回噛み”が歯周病治療に必要であることが理解できても、多忙な生活の中でそのことを実践していくのはほとんどの人にとって不可能といってよいほどの難事業だったのです.


 私自身の中にも、一口50回噛みをするしないが歯周病治療と直結するのだろうか、食生活を変えなければ重度の歯周病は治せないのだろうか、という疑念がありました.
 患者さんの中には、良く噛んで食べていても重度の歯周病を発症してしまう人がいる一方で、ジャンクフードを食べていても健康な歯周組織を維持している人もいたからです.

 食養や食育をはじめとして、”食”の問題は歯科医療の分野で大事なことは確かだと思います.
 しかし、食生活が歯周病の直接的な原因になるのか、どのような食生活をすれば歯周病の治療になるのか、重度歯周病の治療ではすべての人が玄米がゆかにしなければいけないのかなど、多くの疑問点をもちながら臨床に携わっていたわけです.

 勢い込んではじめた食生活改善指導でしたが、患者さんに生活改善を提案してもなかなか受け入れてもらえない、食生活が歯周病の原因になるのかどうか疑わしく思うように思っていた、という二つの理由から、歯周病治療において食生活改善の提案をするということが徐々に少なくなってしまいました.

 生活改善により“歯を担当する医者”を目指すという私の前途に暗雲が立ち込めてきました.


 しかし、途方に暮れる私の前に一条の光が差し込んできました.
 歯周病の発症と生活の在り方には強い関連性があると指摘しているお医者さんを知ったのです.
 免疫学者の安保徹先生です.

http://www.asahi-net.or.jp/~pi5a-kns/