●”歯を担当する医者”(6)=話し合いを大切にする=2018年01月25日

 重度歯周病の治療モデルを把握したことで、私の歯科臨床が変わりました.

『問題→治療者の態度→患者の自立→解決が期待される』
というのが、重度歯周病の治療モデルです.

 このモデルは患者さんが歯周病治療の主役であるということが、他の治療モデルと根本的に異なっています.
 患者さん主体の歯科医療というのは、患者さんが自分の問題に気づき、問題解決のために自ら動き、歯科医療者はその一連の行動を援助するというものです.

医の心5

 この考え方は特に目新しいものではなく、
中川米造先生が
『医師には”魔法医””学者””科学者””技術者”の四つの顔があり、それぞれに弊害があり、これからの医者は援助者でなければならない』(医療の五つの顔・医の心㈤・丸善株式会社)
といっていたこと、
片山恒夫先生がその著書『歯槽膿漏-抜かずに治す(朝日新聞社)』のまえがきに
『歯周病治療は患者さんの”自覚””自助””自立”が必要”である』
と書いてあることと同様のことです.

 患者主体の歯科医療が重要であるということは、20年以上も前に、片山先生や保健医療行動科学会の勉強会で中川先生からじきじきに教わっていたことなのですが、残念ながら頭で理解していたに過ぎませんでした.
 それが安保免疫論で歯周病の原因を理解し、河合先生の心理療法の成熟モデルを知ることで、自分の臨床のなかで実践できるようになったわけです.

 それまでの臨床と何が違ってきたのかというと、まず医療面接といわれる患者さんとの話し合いの内容が変わったことがあげられます.
 医療面接というのは初診時の問診や診査診断後に、診療台でない場所で患者さんと歯科医が向きあって話し合うことです.


 それまでの医療面接は歯周病の原因である細菌の除去や生活改善の重要性を伝えることが主なもので、歯科医から患者さんに対する指導、教育といったおもむきが強いものでした.

 しかし、安保免疫論との出会いによってストレスも重度歯周病の原因の一つであることが分かってきたことで、それまでの『助言・指導による原因の除去→治癒』という教育モデルが通用しないことがはっきりしてきました.

 そこで医療面接も『原因を除去するにはどうしたらよいか』を指導するではなく、『原因探しをしても何の解決にもならない.今われわれに何ができるのかという観点で話し合う』という形に変わっていきました.
 患者さんが何に困っているのかを懸命に聴き、それを解決するにはどのようにしたらよいのか真剣に話し合う医療面接を行うようになったわけです.

 初診時の問診にさける時間は30分程度しかないので、その不足を補うために来院前にメールや手紙で現状や困っていることを連絡してもらうなど、なるべく内容の濃い医療面接を行うように努力しはじめました.

 そして今まで気がつかなかっことが見えてくるようになりました.

  それは歯周病という病気が持っている多様性です.
 同じ歯周病であってもその病態はさまざまですし、歯周病に対する考え方は患者さんによって大きく異なります.そして、その治療法も歯科医によって違っているということです.

 この患者さんの患者さんの考え方や治療法がさまざまであることに気が付いたことが、自分自身の臨床を振り返るきっかけとなったのです.
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・
○医学モデル:『症状→検査・問診→病因の発見(診断)→病因の除去・弱体化→治癒』
○教育モデル:『問題→調査・面接→原因の発見→助言・指導による原因の除去→治癒』
○成熟モデル:『問題→治療者の態度により→クライエントの自己成熟過程が促進→解決が期待される』
○重度歯周病の治療モデル:『問題→治療者の態度→患者の自立→解決が期待される』
・・・・・・・・・・・・・・・・・


関連項目:

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://konishi.asablo.jp/blog/2018/01/22/8774383/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

http://www.asahi-net.or.jp/~pi5a-kns/