科学の知、パトスの知2014年05月05日

        空を超えて ラララ星のかなた 行くぞアトム ジェットの限り、
         心やさし ラララ科学の子、十万馬力だ 鉄腕アトム


  “鉄腕アトム”は1952年から1962年まで「少年」(光文社)に連載され、1963年から1966年までアニメ放映されました.
 私は“鉄腕アトム”の連載開始の年に生まれ、“鉄腕アトム”とともに成長した世代です.科学は万能であると信じて疑わず、科学的に考えることが唯一絶対の知であると考えていた“科学の子”です.
 医療に関しても、同じ手塚治虫の“ブラックジャック”に描かれているように、近代医学は絶対で、いずれ病を絶滅させ、人類は痛みや苦しみから解放されるに違いないと確信していました. 
                    
 しかし、現代医療は手塚治虫の思い描いた未来の医学とは程遠いところにあります. 病気を克服して永く生を享受できるはずだった21世紀ですが、現実は長生きだけはできるようになったものの、ただただ特養ホーム入所を待ち望んでいるだけの長生きになってしまいました.
 科学の発展により、遺伝子レベルで疾患をつきとめ、それを治せるはずだった医学が、新たな苦しみをもたらしています.出生前診断でダウン症と診断された母親や家族は、出産するかしないのかの判断を迫られれています.その決断は個々の上に重くのしかかり、決定にいたるまでに受けるであろう苦悩は察するに余りあります.

 近代医学は病気には原因がありそれを除去することで病気を支配できると考えてきました.しかし、この考え方では、がんや脳梗塞という個々の疾患に対するアプローチは可能でも、老いをそしてその人全体を支配することはできません.遺伝子の違いがダウン症と関連すると分かっても、それをコントロールすることはできません. 
 そして、老いの悩みや出生前診断のもたらす苦しみに対して、〈科学の知〉は何の解決策も与えてくれません. 

 このような困難な時代に必要なのは、痛みや病、受苦などの人間の弱さの自覚の上に立つ知、パトス(情熱、激情、情念)の知です.〈パトスの知〉は人間が受動的、受苦的存在であることによって、他者や自然といきいきとした交流ができることを教えてくれます.そして、環境や世界ががわれわれに示すものを読み取り意味づける方向に導きます.
 老いや障碍を自分から切り離してコントロールするのではなく、自分の一部として受け入れ、それが示すものを読み取り意味づけるように働きます.
  カレルやワイルが近代医学の不十分さを補うものとして模索していたのは実はこの〈パトスの知〉だったのではないかと思います.

 アトムは正義感が強く優しい心を持つ人間に近い感情を持つロボットです.しかし、芸術に感動し、怪談を怖がるような心がないために、人間と深く交わることができないという悩みをもっていました.そこで、お茶の水博士に頼んで、人間と同じような感情を持てる人工造機を作ってもらいました.しかしその結果恐怖心が芽生え、両親をさらった敵と戦うことができなくなってしまい、その機械を取り外してしまったという話があります.


 アトムが人間といきいきした交流関係を結ぶには痛みや病苦、嫉妬や憎悪などの負の感情をも受け入れる必要があります.しかし、科学の粋を集めた正義の味方鉄腕アトムに病気や恐怖心は似つかわしくありません.そのような人間の弱さを持ったアトムはアトムで無くなってしまうからです.

 鉄腕アトムの悩みの中に〈科学の知〉の限界が見え隠れしています.
 

 
術語集、中村雄二郎、岩波新書 38臨床の知p186-190

はやり病の審美歯科2014年05月01日



 『後はどうなれインプラント、はやり病の審美歯科、踏み込みゃ泥沼咬合治療、矯正賠償5000萬』
 「巷ではこんなざれ歌がはやっているそうですなあ」と片山先生がこんな文句をセミナーで紹介してくれました.多分、片山先生の創作なのだろうと思いますが、このざれ歌そのままの相談が日増しに増えています.

 むし歯はここ20年で激減しました.歯周病も減少傾向で、従来の歯科治療の対象だった患者さんは本当に少なくなってしまいました.そこで医院経営安定のため、新しい需要を喚起するのに歯医者は大わらわです.多くの歯医者がインプラントや審美歯科、咬合治療、矯正などに触手をのばすようになって、トラブルが頻発しているようです.

 「前歯が割れているので、抜歯して都合5本の歯をつなげてブリッジにしなければならない」といわれ、セカンドオピニオンを求めて来院した患者さん.前歯の1本がポロリととれてしまったので、それをつけてもらおうと歯医者に行っただけなのに、70万かかると言われてびっくりしてしまいました.

 確かに上の前歯が割れて(破折)しまって、抜かなければならないかもしれない状態です.現在は接着の技術や材料が格段に進歩しているので、以前のように破折しているからすぐ抜歯ということもないと思うのですが、そのような勉強をしていなければ、抜歯の判断もそれほど無謀とはいえません.
 しかし、当該の歯の両サイドはしっかりしているので、たとえブリッジにするにしても5本もつなげる必要は無さそうです.3本のブリッジで十分です.
 なぜ5本ものブリッジにしなければならないのか、担当歯科医に聞いてみなければ分かりませんが、私には医院経営のためであるとしか思えません.

 つなげる歯を増やせば増やすほど、将来トラブルを起こす頻度は高くなります.歯は安易につなげるべきではありません.歯が割れたからといって、両隣の健康なエナメル質を削り取ってしまうのは危険です.割れているからからといって簡単にあきらめないで、まず破折の治療にトライしてほしいと思います. 

 “抜かない”、“削らない”ことが大切なのは多くの歯科医が分かっていることだと思います.しかし、“削ってセラミック”、“抜いてインプラント”が医院経営の大きな柱になってしまっていることに現代日本の歯科治療の問題点があります.

 高額の治療を勧められたら、その場で即答するのでは避け、その治療がご自分にとって本当に必要かどうかじっくり考えてみてください.
 歯は体の一部です.歯は二度とはえてきません.どうか大切になさってください.

なるべく削らない、抜かない治療
 治療開始時(1991年)、35歳の女性です.なるべく削らず、抜かずに治療をしました.23年経過して、現在58歳になりました.
 補綴終了時に比べれば多少の変化はありますが、年齢に伴う身体の変化に比べればその変化は些細なものです.
 長持ちの秘訣はなるべく削らないこと、抜かないことです.

人はなぜ治るのか2014年04月27日


生まれつき体に備わっている自己修復能力をよく理解し、専門医への盲目的な依存から生じる深刻な危険を回避する智恵の獲得を目標にしなければならない
 

 勤務医時代、某球団の4番バッターが診療室に来院したことがあります.球界を代表するスラッガーの奥歯はすり減ってぼろぼろ、小さなむし歯と軽い歯肉炎がありました.
 しかし、本人は自分が病人だとは思ってもいませんし、世間でもその選手が健康であることを疑いません.たとえむし歯があったとしても、その年のホームラン王を争ったその選手に病気があると言うのはごくごく一部の歯医者だけでしょう.

 広辞苑(第3版)をひくと、健康とは「身体に悪いところがなくすこやかなこと」と書いてあります.小さなむし歯は厳密にいえば“悪いところ”なのでしょうが、一般にはその程度で病気とはいいません.
 健康と病気の間にはどちらともいえないグレーゾーンがあり、その幅は意外に広いようです.

 1942年アメリカフィラデルフィア生まれ.1964年ハーヴァード大学生物学科卒業後、同大医学校に学び、1968年医博となる.

 health(健康)という言葉は、halという単語を語源とするそうです.このhalからは、hale(元気な), holy(神聖な), heal(治す) 等のほかにwhole(全体の)という単語が派生しています(*).
 「人はなぜ治るのか」の著者、アンドルー・ワイルは、健康とは人間を構成する要素が程よい秩序を保ちバランスのとれたwhole(全体)をなすことであると言っています.
 そして、健康は静止した状態にとどまるのではなく、相対的に健康な状態と病的な状態を交互に繰り返しています.そして、このバランスが大幅に崩れたときを我々は病気と呼んでいます.

 このバランスが崩れてしまった状態を元に戻そうとするのが治癒反応です.これは本来生体に備わっている力で、自然治癒力とよばれます.自然治癒力は外から与えることはできません.
 したがって、最良の治療とは自然治癒力が発動されるような状況を整えるということになりますが、自然治癒力を発揮させる特別な薬や特定の治療法があるわけではありません.
 ワイルは自然治癒力を引き出すために“活性プラシーボ”という概念を提出しています. 活性プラシーボは注射でも投薬でもあらゆる医療行為で引き起こすことができますが、そう簡単に発現させることはできません.
 活性プラシーボを発揮させるには、まずその行為に医師と患者の双方が心から信頼できる固有効果がある必要があります.医師も患者もその薬や注射などの効果を心底信じ、患者は心から担当医師を信頼している必要があります.そして、その効果が体に直接作用していることが実感できて、「あっ、何かが違う、良くなる」と無意識のうちに心の底から感じると、心の蓋がパカッと開いて自然治癒力が発揮されるようになります.
 しかし、大脳皮質の意識的な思考と、心の底との間には強固な関門があるので、そう簡単に蓋を開けることはできません.
 自然治癒力を発揮させるには、こうすれば発揮できるという公式がないので、それを発現させるのはとても難しいのですが、歯周炎の治療ではこのことが結構重要なのではないかと思っています.

 『真の医術とは、個々の患者に内部からの自然治癒力を最もうまく生じさせる治療法を選択し提示する、治療家の能力のことである.』 (アンドルー・ワイル)

(*)江藤裕之:Bull.Nagano Coll.Nurs.長野県看護大学紀要4:95-99,2002

2つの“具合よく長持ち”2014年04月20日

 
 片山恒夫先生は“具合よく長持ちする歯科治療”を提唱していました.
 この“具合よく長持ち”には2種類あります.“歯医者に行って具合よく長持ち”と“歯医者知らずの具合よく長持ち”です.

 ころんでけがをしたり、包丁であやまって指を傷つけてしまっても、傷口から異物を取り除き、止血しておけば、何日かすると傷はきれいに治ってしまいます.
 しかし、むし歯で歯に穴があいてしまうと、そのままにしておいても穴はふさがりません.
 したがって、むし歯治療では傷口(むし歯を取り除いた穴)を覆う包帯(インレーやクラウンなどの補綴物)が長期間役割を果たす必要があります. 

  歯科治療の包帯(インレーやクラウン)がひんぱんに取れてしまっては、傷口がしばしば外界にさらされ、またむし歯になってしまいます.
 歯科包帯がとれると、さらに悪いことが起こります.包帯をやり直すためには健康な歯まで削る必要があり、包帯がとれるたびに健康な歯を失ってしまうことになります.
 したがって、歯科治療では、なるべくとれない包帯、できるだけ長期間傷口を覆っている包帯、つまり長持ちする補綴物が必要となります.

 しかし、いくら長持ちする包帯をしても、包帯をした歯が違う理由で使えなくなってしまう場合があります.歯周病が急速に進行したり、歯が割れて(破折=はせつ)しまったりすると、最悪の場合抜歯しなければならなくなります.
 歯科治療では包帯(インレーやクラウン)が長持ちすると同時に歯周病や破折に対する配慮もおこたってはなりません.
 以上が“歯医者に行って具合よく長持ち”のポイントです.

  歯科治療の結果が長持ちするのも大切ですが、それよりもっと良いのは削ったりかぶせたりの歯科治療を受けない“歯医者知らずの具合よく長もち”です.
 しかし、歯医者にまったく行かないでむし歯も歯周病も大丈夫というのもかなり難しい話なので、歯科医院で定期健診を受けて、長持ちさせるのが理にかなっているのではないかと思います. 

 歯医者にかかることなく、自分の歯で生涯をまっとうしたという人は稀かもしれませんが、少しの歯科治療と定期的なチェックで、理想的な“具合よく長持ち”に近い一生を送ることは十分可能だと思います.
 長い人生、歯も身体もお大事に.

私の祖母の87歳の時の口の中です
 私の祖母の87歳の時の口の中です.
 彼女は、むし歯や歯周病に悩まされることなく、歯科治療とは無縁の人生を過ごし、90歳で天寿をまっとうしました.
 ブラッシングは朝晩、歯ブラシに塩をつけて3~5分くらいゴシゴシ磨いていました.
 食事はいたって質素で、あじの干物などは頭からしっぽまで骨を含めてきれいに食べてしまうという食生活でした.