袴田事件2014年03月30日


 1966年、みそ会社専務一家4人が殺害された「袴田事件」で、強盗殺人罪などで死刑が確定した袴田巌元被告が、やり直し裁判の開始と、死刑・拘置の執行を停止するという決定を受け、収容されていた東京拘置所から48年ぶりに釈放されました.

 袴田事件に興味を持ったのは映画「BOX袴田事件命とは」を観てからです.
 公判に入ってから、それまで散々に調べたであろう味噌だるの中から新たに衣類5点が見つかったり、犯行時に着ていたとされるズボンのサイズが合わなかったり、と証拠ねつ造の臭いがぷんぷんするのに、死刑が確定してしまったことに、たいそう疑問を持っていました.
 この映画で、無罪という心証があったにも関わらず、多数決で死刑を求刑せざるをえなかった熊本元裁判官のことも知り、せめて死刑の執行は停止にして欲しいと思っていました.
 拷問に近い方法で自供に持ち込んだ取り調べに批判が集まっていますが、警察はなぜそれほどまでして嘘の自白をさせたがったのでしょう.自分たちの成績のためでしょうか.犯人を捕まえなければ、仕事をしていないと批判されるからでしょうか?
 合議制で原則全員一致出なければ死刑判決を下せないのに、有罪に反対した裁判官がいたにも関わらず判決が決定してしまったのはなぜなのでしょう.
 日本人の共同体、河合隼雄先生のいう日本人的一神教の怖さなのでしょうか?

 今回はDNA鑑定が大きな役割を果たしましたが、科学がここまで発展していなっかったら、再審への道は開かれなかったかもしれません.
 袴田さんの48年をだれも償うことはできません.
 人が人を裁く危うさ、怖さを考えさせられる出来事です.

画家と庭師とカンパーニュ2014年01月09日

 還暦を過ぎて、小学校、中学校や高校の同級生と会う機会が増えてきました.昨年の暮れにも中学校と高校の仲間の忘年会がありました.中学校時代の同級生の集まりには久しぶりの出席でしたが、新年会や忘年会など年に3回も4回も集まっているようです.
 高校の集まりは40歳くらいまでは毎年開いていましたが、それぞれが多忙になり仲間がみんな集まることはどんどん難しくなっていました.それが一昨年あたりから声をかけるとほとんど全員が顔を見せられるようになっています.嬉しくもあり、多少寂しくもありといったところでしょうか.

 昔の仲間の一番よいところは、お互いの距離感が最初からちょうどよいところにあるということでしょう.“間が持たない”とか“呼吸が合う合わない”というような言い方をしますが、その間合いが最初から比較的、適度なところにある場合が多いようです.中学の同級生に歯科医がいますが、昔話をしているときはいいのですが、ときに「歯科医“として”」話す場面が出てくると、空気が変わってしまいます.彼との間合いが微妙に変化してしまうからでしょう.

 「画家と庭師とカンパーニュ」というフランス映画を、お正月休みに観ました.
 カンパーニュ(フランス語で「田舎」という意味)に戻ってきた画家が荒れ放題の庭の手入れをしてくれる庭師を募集していると、小学校のときのいたずら仲間だった男が応募してきます.二人は互いを「キャンバス」「ジャルダン(フランス語で「庭」)」と呼びあい、日々触れ合いながらお互いの関係を深め、次第にかけがえのない存在になっていきます.
 画家と庭師の関係はごく自然に対等です.表向きは雇ったものと雇われたものという関係なのですが、それは重要ではありません.画家として庭師として相対しているのでもありません.小学校のとき一緒の仲間だったから付き合い始めたわけでもありません.
 庭師は庭師の仕事をしながら、画家は画家の生活を送りながら、会話をかわし、お互いの人生に触れ合っていきます.そしてお互いに適度な距離感をもった時間を過ごしながら、相手の存在によって自分の存在を確認するようになります.
 監督は「クリクリのいた夏」のジャン・ベッケル.フランス映画らしいとても良い作品です.

 おそらく昔の仲間というのは現在、利害関係もなく、それぞれの役割を演じる必要もないうえ、昔には何らかのつながりがあったわけで、適度な間合いをとりやすい関係なのでしょう.

しあわせの隠れ場所2011年09月16日

  アメリカンフットボール選手、マイケル・オアーの半生を描いた、『しあわせの隠れ場所』(the Blind Side)をみました.
 冒頭、伝説的なLB(ラインバッカー)ローレンス・テイラー(ニューヨーク・ジャイアンツ)がレッドスキンズのQB(クォーターバック)ジョー・サイズマンを猛烈にサックして彼を再起不能に陥れたシーンが流れます.このテイラーのプレーはその後のフットボールを変えるきっかけとなりました.テイラーのような激しいサックからチームの要であるQBを守る陣形を敷く必要性が出てきたのです.そこで、脚光を浴びたのがQBを守るOT(オフェンシヴ・タックル)、です.NFLの各チームはQB保護のために、OTに敏捷な大型選手をそろえるようになりました.マイケル・オアーはこのOTの選手です.
 オアーは、リー・アン・テューイ、ショーン・テューイという白人夫妻の家に引き取られ、フットボール選手への道を歩みます.
 オアーは高校編入試験の心理テストで「保護本能がずば抜けて高い」と評価されます.それは黒人街に行ったときにアンを守ろうとする態度にも、交通事故にあったときにテューイ夫妻の息子SJをかばった姿にも表れています.
 最初はOTの役割を呑み込めず、アメリカンフットボールになじめなかったオアーに、リー・アンが「家族を守るつもりでQBを保護するのよ」と説明することで、OTの役割を理解したオアーは別人のような動きを見せるようになります.
 それほど、深みのある映画ではありませんが、軽やかな気持ちで観ることができる映画です.
 「コーチ・カーター」「タイタンズを忘れない」「僕はラジオ」などスポーツがらみの実話をもとにした映画は観た後ホンワカした気分になるのがよいところです.サクセスストーリーだからでしょう.
 同じ実話でも、「ホテル ルワンダ」のような映画になると、かなり重くなります.でも、事実の重みがもたらす迫力はこちらのほうが数段勝るかもしれません.
http://www.asahi-net.or.jp/~pi5a-kns/